受講プラン

コースの概要


膝の症状は膝だけ診ていてもなかなか良くならないので苦手とする先生が多いようですが、

神経、筋肉、バイオメカニクス等を理解すれば驚くほど症状が改善する部分でもあります。


今回もアジャストメントのみならず、運動療法や筋肉へのアプローチなど多角的に学んでまいります。

江崎オンラインアカデミー

サインアップ・ログイン

講師情報


カイロプラクティックオフィス Karakahl 院長
神戸カイロプラクティック研究会(KCSG)代表


今増 心堂 先生


2008年 日本カイロプラクティックドクター専門学院 直営店に入店、その後院長として活躍。



2013年10月 独立しカイロプラクティックオフィスKarakahl開院


日本カイロプラクティックドクター専門学院 運動学、整形外科学講師。現在はこうべカイロプラクティック研究会(KCSG)代表として精力的に後進の指導に当たる。


ドロップテーブルでのアジャスト実績は、約38000人。月に6回ほど、トムソン・ドロップテクニックに関するセミナーを開催している。



コースについて


近年カイロプラクティックにとどまらず、整体治療院や鍼灸整骨院などでのトムソンベッド導入が増えています。 と同時に、かねてより「トムソンテクニックを学ぶ機会がない」というお声をよく耳にすることがありました。

また、トムソンベッドの導入に興味があっても、運用方法が分からないため見送られた先生もいらっしゃると思います。

今回は、これまでのセミナー参加者様からご要望の多かった、症状別トムソンテクニックセミナーをご用意いたしました。

膝の症状は膝だけ診ていてもなかなか良くならないので苦手とする先生が多いようですが、神経、筋肉、バイオメカニクス等を理解すれば驚くほど症状が改善する部分です。

また、慢性腰痛症の施術を行なううえでも、下肢のアジャストメントは必須のテクニックといえます。

Section 1


膝症状と腰痛の関連性
今回使用するアジャストメント

・膝症状と腰痛の関連性

・ご質問に関して

・膝症状とドロップテクニック

・今回使用するアジャストメント





Section 2-1


膝痛の腰椎検査

・股関節屈曲可動検査

・股関節屈曲可動検査 - 実技

・ハイロー使用時の注意点




Section 2-2


腰椎押圧テスト

・腰部押圧テスト

・腰椎乳頭突起の探し方

・腰部押圧テストの反応について

・腰部押圧テスト - 実技



Section 2-3


抗重力体位テスト

・抗重力体位テスト

・腰椎押圧テストまとめ

・フラットテーブルでの抗重力体位テスト

Section 3-1


トムソン5大法則

・各アジャストメントのデモンストレーション

・脚長検査(ディアフィールドレッグチェック)

・ドロップテーブルの設定について

・トムソン5大法則 - アジャストメント



Section 3-2


腰椎回旋変位


・腰椎回旋変位アジャストメント



Section 3-3


仙骨上方・下方・側方変位

・仙骨下方変位アジャストメント

・仙骨上方変位について

・仙骨側方変位アジャストメント


Section 3-4


股関節外旋・内旋変位

・股関節外旋・内旋変位アジャストメント

Section 3-5


股関節伸展制限

・股関節伸展制限

・股関節伸展制限の検査

・股関節伸展制限のアジャストメント

・骨盤アジャストメントのまとめ

Section 3-6


脛骨後方・前方変位

・脛骨後方・前方変位

・脛骨後方変位の検査

・それぞれの検査の仕方について

・脛骨の探し方

・脛骨後方変位アジャストメント

Section 3-7


ハムストリング

・ハムストリングの検査

・ハムストリングのアジャストメント

Section 3-8


大腰筋

・大腰筋の特性

・大腰筋の検査

・大腰筋のアジャストメント

Section 3-9


アジャストメント効果の確認
質疑応答

・アジャストメント効果の確認

・梨状筋と腸骨IN・EXに関する質問

・腰椎・骨盤部ドロップの禁忌に関する質問

Section 4


アジャストメントに追加して

・慢性膝症状論

・オスグッドシュラッター概論

・オスグッド≠成長痛

・オスグッドとタナ障害に関する質問

・オスグッドシュラッターの解剖

・慢性膝痛の解剖


Section 5


膝症状と〇〇広筋

・膝症状と〇〇広筋

・オスグッドシュラッターの場合

・慢性膝痛・変形性膝関節症の場合

Section 6-1


広筋群と大腿直筋の違い

広筋群と大腿直筋

・広筋群と大腿直筋の違い

・ レッグエクステンション(広筋群のトレーニング)

・広筋群トレーニングの実例

・広筋群支配神経と基礎解剖

Section 6-2


広筋群検査
筋力回復施術

・広筋群検査

・筋力弱化に対する施術

・最大筋力を改善させるためには

・広筋群の筋力回復施術

Section 6-3


広筋群検査
筋力回復施術 - 実技

・広筋群検査 - 実技

・大転子・広筋群の探し方

・広筋群の筋力回復施術 - 実技

Section 7-1


スクリューホームメカニズム

・その他「膝症状」に強く影響する筋肉

・膝窩筋とスクリューホームメカニズム

・スクリューホームメカニズムの検査

・スクリューホームメカニズムの施術

・スクリューホームメカニズムの施術 - 実技



Section 7-2


膝窩筋機能回復

・膝窩筋機能回復

・膝窩筋機能回復 - 実技

・膝窩筋機能回復 - まとめ

・膝に水が溜まっている場合

Section 8


膝痛と伏在神経

・伏在神経の解剖

・伏在神経の解剖 - 人体で解説

・伏在神経リリース(ストリンテックス4)

・伏在神経リリース - 実技

・伏在神経リリース - まとめ

Section 9


膝痛とサプリメント
ホームケア

・ 膝痛とサプリメント - 高齢者向け

・膝痛とサプリメント - 若年者向け

・膝痛とサプリメント - 重度の膝症状向け

・ホームケア - レッグエクステンション

・ホームケア - フルスクワット

Section 10


質疑応答

・ 食事の指導に関する質問

・大腰筋のアジャストメントに関する質問

・膝のエクササイズに関する質問

・高齢者向け膝窩筋ホームケアに関する質問

・インソールに関する質問

・オスグッド症状の見分け方に関する質問

・膝サポーターの装着に関する質問

・膝蓋骨のアジャストメントに関する質問

Section 11


補足テクニック
講義のまとめ

・ 腱への瞬間的な刺激で筋力回復する方法

・講義のまとめ

Section 12-1


施術全体の流れ
実技演習(前編)

・ 広筋群の弱化検査

・アジャストメントの準備

・腰部のアジャストメント

・股関節のアジャストメント

Section 12-2


施術全体の流れ
実技演習(中編)

・膝関節屈曲可動検査

・腰椎押圧テスト

・腰椎アジャストメント

・仙骨の変位検査・アジャストメント

・股関節伸展制限の検査・アジャストメント

・脛骨後方変位の検査・アジャストメント

・ハムストリングの検査・アジャストメント

・大腰筋の検査

・再検査・効果判定

Section 12-3


施術全体の流れ
実技演習(後編)

・まだ症状が残っている場合のアプローチ

・スクリューホームメカニズムの検査・施術

・膝窩筋機能回復

・最終検査/まとめ

コースの詳細

  お友達紹介キャンペーン
利用可能
日 登録後
  講義テキスト・使用器具の紹介
利用可能
日 登録後
  Sction1 – 膝症状と腰痛の関連性・今回使用するアジャストメント
利用可能
日 登録後
  Sction2 – 膝痛の腰椎検査
利用可能
日 登録後
  Sction3 – 各アジャストメントのデモンストレーション
利用可能
日 登録後
  Section4 – アジャストメントに追加して
利用可能
日 登録後
  Section5 – 膝症状と〇〇広筋
利用可能
日 登録後
  Sction6 – 広筋群と大腿直筋
利用可能
日 登録後
  Sction7 – その他「膝症状」に強く影響する筋肉
利用可能
日 登録後
  Sction8 – 膝痛と伏在神経
利用可能
日 登録後
  Sction9 – 膝痛とサプリメント・ホームケア
利用可能
日 登録後
  Sction10 – 質疑応答
利用可能
日 登録後
  Sction11 – 補足テクニック・講義のまとめ
利用可能
日 登録後
  Sction12 – 施術全体の流れ - 実技演習
利用可能
日 登録後

受講プラン